Clifton Jamesさん(アメリカ出身、人事・採用)

アメリカ出身のClifton Jamesさんは、起業家を支援するコンサルティング事業と、人材教育事業を手がける株式会社JIN-Gで活躍しています。(JIKOPY)

名前 Clifton Jamesさん
出身 アメリカ
勤め先 株式会社JIN-G
業種 コンサルティング、教育
職種 営業・マーケティング
勤務地 東京都港区
日本語 来日前:日本語は理解できない。
現在:JLPT-N3程度
日本への留学経験 あり
来日前の最終学歴 大学卒(学士)
来日前の就労経験 なし


なぜ日本で働こうと思いましたか?

日本に興味をもったきっかけや理由は?

経営(ビジネス)専攻の大学生として、日本語や日本企業の独特な文化に強い関心がありました。

また、日本には多くの多国籍企業の本社があり、そのことでも興味を惹かれました。

日本での短期留学を終えた後、学んだことを活かしたいと考え、日本で働こうと考えました。

日本で働きたいと考えたのはいつごろ?

21歳ごろでした。

日本で働きはじめたのはいつですか?

22歳ごろでした。

日本で働きたいと思った理由は?
  • 先端技術や生産方式、アイデアで学ぶべき点が多いから
  • 母国語や日本語などの語学力を活かしたいから
  • 日本での人脈作りをしたいから
  • 日本で暮らしたいから


就労先(日本企業)の探し方について教えて下さい。

どのような方法で、日本への就職先を探しましたか?
  • 日本の社会人向け求人サイト
  • 日本国外の求人サイト
  • 日本国内を主な拠点とする仲介・紹介業者
  • インターネットで検索して個別に応募
  • 直接ヘッドハンティングを受けた(SNS等のインターネット経由)
  • 日本国外で開催されたイベント(合同説明会など)
就職先の企業を探す基準はなんでしたか?
  1. 興味のある業界であること
  2. 入社後の教育・研修が充実している企業
  3. 様々な仕事を任してくれそうな企業(企業規模は問わない)

日本企業に就職するにあたり、困難だったことはありますか?
  • 企業が求める日本語能力のレベルが高すぎる


今の仕事について教えて下さい。

主な業務、役割を教えて下さい。

私の情熱は、クライアントと、そのキャリアパスに役立つ有能な専門家を結びつけることにあります。

私のキャリアは、人材教育によるモチベーション向上と能力開発からスタートしました。

私は、日本のグローバルな技術関連企業の為の人事・採用コンサルタントとして、セールス、マーケティング、コンサルタント、エンジニア、プログラマー、クリエイターなど、様々な人材を手がけています。

仕事をする上で、心がけていることや重要と考えていることを教えて下さい。

キャリア開発は、私にとってもとても重要です。

現在の就職先(企業)で働く魅力は何ですか?

自社(JIN-G)で、新規事業を手がけることができました。私は自由に意思決することができる立場にあり、多くの成果を収めることができています。


日本で働くことについて教えて下さい。

日本で働く魅力を教えて下さい。

私は、日本の人材にとても興味があります。

日本では、技能を持った人材の需要が高いのに、人材の供給量が少ないのです。グローバル化が進む日本では、バイリンガル人材や海外経験のある人材が、多く求められています。

このことは、私のキャリアにとっては良い機会です。

日本で働く上で苦労していることはありますか?どのように対応していますか?

日本語が上手になるように、今までも日本語を勉強しています。友人が多くなれば、より楽しく過ごすことができるからです。

仕事での将来の夢(キャリアプラン)を教えて下さい。

グローバルなIT企業のための、人材・採用の専門家になりたいと考えています。ヨーロッパで働いてみたり、MBAを取得してみたり、人事の分析などに関する仕事をしていきたいと考えています。


日本での日常生活について教えて下さい。

現在の住居を教えて下さい。

賃貸住宅

来日時、どのように住居を探しましたか?

就職先企業が手配してくれました。

休日はどのように過ごしていますか?

マンガを読んだり、テニスをしたり、ボランティア活動に参加することを楽しんでいます。

日本で生活する上で、苦労していることはありますか?どのように対応していますか?

人事・採用業界について、もっと深く理解する必要があると考えていて、常に、新しいチャンスやリソース(資源)を探しています。

日本で働きたい方、日本で働くことに興味を持っている方に、メッセージをお願いします。

日本で働くという特別な経験は、旅行や留学とは全く異なります。

日本に来るなら、知識を受け入れることに寛容になり、好奇心を持って、仕事でもプライベートでも向上できるように心がけてください。